レヴァイン・バイロイト ジークフリート第三幕

先日の続きで、ジークフリートの第三幕を聴いた。

 

冒頭のヴォータンとジークフリートの出会いの場面は、盛りを超えつつある中年あるいは初老の権力者と力を付けつつある若者の関係、あるいは父と息子の関係という意味で、普遍的なテーマだと思う。

 

我が国では日本中で中小企業の事業承継が課題になっており、その意味では、きわめて今日的なテーマでもある。

 

指環の物語は複雑でここで説明し尽くせるものでもないが、ヴォータンは、孫にあたるこの若者(ジークフリート)を、建前としては自由な意思で生きさせるとしつつ、見えないところで布石をうち、支援を与えるとともに緩やかな統制下に置いている。その成果もあり、若者はそれと知らず世界支配の象徴たる「指環」を手にし、間もなく、ヴォータンの最愛の娘であったブリュンヒルデも花嫁として得ることになる。

 

言ってみれば、企業経営者が婿あるいは息子に事業を譲らんとする場面で、先代としては、全てを委ねると言いつつ、相手からは「引き続き御指導ください」という言葉を密かに期待している。いや、単にアドバイスがしたいだけでなく、無意識ではあるものの本当に任せるつもりも実はない場合もあるのではないか。そういう曖昧な姿勢で、若者からは反発を買う。ジークフリートの「(ブリュンヒルデへの)道を示すのか、そうでないなら、そこをどけ」というセリフが象徴的である。

 

結局、ヴォータンは反抗的なジークフリートに癇癪を起こし、闘うが、あっさり破れ、「行け。わしにはお前は止められない」とのセリフを残して退場する。ここの姿にはいつも哀しくも崇高なものを感じる。トムリンソンは、90年代を代表するヴォータン役だけあって立派。

 

職場でも、「若手に任せるべき」といった言葉がよく出るが、本当に任せるのか、任せるとしてどこまでなのか、覚悟がないと反発を買うだけだと思う。

 

その後の、ブリュンヒルデジークフリートの愛の二重唱でのブリュンヒルデの立場は、今日の恋愛ドラマ風にいえば、片思いだった男性Aと、その男性の恋人(ただし人妻)で、不倫を知って怒った旦那にAが殺された後の逃避行を助ける過程で友人となったBとの間に産まれ、知らない間に立派な若者に育った(AとBの)息子に告白され、初めて男性と付き合うことになる、というややこしいもの。

 

恋愛ドラマ的アングルに加え、避けがたい、「神々の黄昏」につながっていく運命の布石としての出来事という側面もあって、単純ではないが、レヴァインの指揮も、母親のようで同時に恥じらう乙女のような複雑なブリュンヒルデの揺れ動く気持ちを丁寧に音楽をつけていて見事。最後は、ポラスキ(ブリュンヒルデ)の威力のある「女神声」が圧倒的。

 

朝比奈・大阪フィル ブルックナー全集(ジャンジャン版)

メルカリで、ジャンジャン版の朝比奈・ブルックナ―全集を入手。2000年頃にグリーンドア社が発売したもの。ディスクユニオンでは4万円以上の値が付いているものが4分の1程度の値段だったので良い買い物だと思う。

 

早速第四番あたりから聴き始めているが、推進力・生命力があってよい。もちろん、冒頭のホルンの音色からして最近の日本の楽団に比べても劣るし、トゥッティのところの迫力も限界はあるが、活き活きとしたエネルギーにあふれていて、良い音楽を聴いたという感銘が残る。

 

最近の演奏は、この朝比奈全集よりもオケの音色や精度でははるかに上でも、どことなく神経質な女性が顔のシミを完璧にカバーするメークに全ての心血を注いだ結果、綺麗だが人間味のない能面のような顔になりました、みたいなものも少なくないと思う。典型はヤルヴィとかシャイ―あたり。ヤルヴィはフランクフルト放送響との録音だけでなく、N響とのブルックナーでも完全にそういう世界を実現していて、その手腕は本当に凄いと思うが、そういうのはラヴェルとか、もともとその種の人工美を目指している作品でやってほしいと思う。シャイ―も、指揮姿はオスっぽく格好がいいが、聴こえてくるのはメークばっちり美音+生命力の欠如したトボトボとした音楽という印象。

 

それよりは、そろそろ半世紀近く前になる、この朝比奈・大フィルの全集は人間の顔をしていて悪くない。

 

 

レヴァイン・バイロイト ワルキューレ・ジークフリート

90年代半ばにFM放送で録音したレヴァイン指揮のバイロイトワルキューレと、ジークフリートを途中まで聴いた。

レヴァインのはテンポがかなり遅く、良く言えば大らか、悪く言えば緩い印象を持っていたが、オーケストラは昔の巨匠のもののように巨大ではないが、劇の内容に細かなところまで寄り添って雄弁なもの。演劇的というか。

他方で、ジークフリート役のヴォルフガング・シュミット、90年代に一世風靡したヘルデン・テノールだったが、声量は凄いが、声が致命的に品が無くて残念。ジークムントのポール・エルミングは真摯で清潔感あり、悲劇の英雄らしくて良かったが、彼は少なくともこのプロダクションではなぜかジークフリートはやらないらしい。

ブリュンヒルデ役のポラスキも強い声で役にはあっていると思った。トムリンソンもこのころのヴォータンは大体彼だったなと。

などと思いながら、ググっていたら、当時のニューヨークタイムズの批評が出てきた。スマホ一本で四半世紀前のオペラの批評がすぐ出てくるとは便利な時代。歌手への評価はほぼ同じで違和感ない。

 

https://www.nytimes.com/1994/08/01/arts/opera-review-die-walkure-siegfried-bayreuth-ring-embracing-stylistic-diversity.html?fbclid=IwAR1cd3fgA41Ww2wS3B9Vi25ss6Bmdd3qZDnKKy02JdluIcir4EQgnXOWbLI

 

アバド・ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲第三番(1995年ライブ)

アバドの新旧のベートーヴェン交響曲全集(80年代半ばのウィーンフィルとのものと2000年前後のベルリンフィルとのもの)は、同じ指揮者のものとは思えないほど違いがあるが、いつ頃、演奏スタイルの変化が起きたのかに興味があった。

 

この1995年のエロイカは明らかに前者寄り。弦楽セクションを中心にベルリンフィルのメンバーも若い顔が増えて着実に世代交替が進んでいる感じがするが、サウンドは、カラヤン時代以来の重厚・剛健な響き。たとえば第2楽章の25:37以降や26:01以降のコントラバスも含めた響き。これぞベートーヴェン、ドイツ音楽という気がする。

https://www.youtube.com/watch?v=oQFUh9lVQ0A

 

わずか数年後の2001年のベルリンフィルとの全集(スタジオ録音もあるが、映像はイタリアでのライブ。演奏内容はほぼ同じ)では、かなり響きが薄くなっている。

https://www.youtube.com/watch?v=VFUw18Gq96U

 

目視で確認する限り、95年のはチェロ8、コントラバス6に対して、2001年のはチェロ6、コントラバス4と、編成に違いがあるが、それ以上の響きの違いを感じる。

アルバン・ベルク 歌曲全集

最近Brilliant Classicsから出た、アルバン・ベルクの歌曲全集がよい。

 

特に、長らくあまり知られていなかった初期の歌曲(Jugendlieder)が初めて全曲録音されたということだが、これが1901~1908年の間で74曲あり、いずれも1~2分の大変短い曲ばかりであるものの、非常に美しい。ワーグナーの後期あるいはもう少し進んでフーゴー・ヴォルフくらいの調性感からはじまり、次第によく知られているベルクの作品(たとえばこのアルバムにも入っているSieben Frühe Liederなど) のレベル感に近づいていくのも興味深い。

 

詩もきわめて多様な詩人の作から引用しているが、早熟のベルク(作曲当時16~23歳)の選択を味わうのも楽しい。

 

このアルバムは、四人の歌手と語り手、それからフィリッポ・ファリネリという伴奏ピアニストの作品だが、ファリネリがブックレットの記事も書いており、おそらく全体の監督的立場。ベルクの作品についてかなりの思い入れを有している様子。四人の歌手もいずれも若手だが、瑞々しい声で、聴いていて心地よい。

 

https://www.brilliantclassics.com/articles/b/berg-complete-songs/

 

f:id:strassberger:20200329175215j:plain

 

 

ウィーン国立歌劇場ストリーミング 神々の黄昏

ウィーン国立歌劇場も無料ストリーミングが開放されていて、コロナ禍で中止となった演目の過去公演記録を流している。

 

今日は神々の黄昏が見れる。ジークフリートはグールド、ブリュンヒルがテオリン、指揮者はアクセル・コ―バーという人。

 

さすがに長いので、序幕と終楽章のジークフリートの死と葬送行進曲を拾い観しただけだが、グールドとテオリンはさすがの歌唱。特にテオリンの高域の声量(序幕の最後、ラインの旅に送りだすところの最後等)。ただ、ライブストリーミングで画質もよいので、劇場等でみるより細部まで容姿がはっきり映し出されるので、歌手にとっては厳しい時代だなとも思う。

 

演出は全体を観ていないので何ともいえないが、ジークフリートが死んだ後、横たわるのはゴンドラ。葬送行進曲に入るところで、グンターと家臣が同乗して、槍をゴンドラの櫂のように構えていた。おそらくベニスで客死した作曲家と関連があるのだろうが、狙いはよく分からない。

 

オケも含めた演奏全体は、ペトレンコと同じというか、一言でいえば、速いテンポでキリリと引き締まったモダンな演奏。コ―バーという人の指揮姿も、きりっとしていて、そういう音楽を志向していることがよく分かる。チェロとか金管とか個々のパートの分離が非常によく聴こえる。

 

葬送行進曲は途中以降、テンポが非常に速くなっていくパターンの演奏。個人的にはお祭り騒ぎみたいで好きではないが、しょっちゅう上演される舞台として割り切って考えると、この葬送行進曲も要は単に場面転換の音楽なので、毎回あまりじっとり重くやられてもということかもしれない。

 

他方で、ウィーン国立歌劇場のオーケストラの音って、特に弦は、もっと独特で、絹のような光沢の音だったような記憶があるが、随分変わった気がする。今日聴く音は、正確でくっきりして決して悪い音ではないが、他の普通の一流オケ(特にアメリカ等)と変わらない音のような感じで少しびっくり。もう少し、ローエングリーンの第一幕の前奏曲とか、ああいうシーンを聴かないと、何ともいえないが。

 

ペトレンコ・ベルリンフィル  ベートーヴェン 交響曲第9番

ベルリンフィルのデジタルコンサートホールが無料開放されている機会に、ペトレンコの公演をいくつか見る。

 

就任演奏会のメイン第九。

 

一言でいえば速くて引き締まった演奏。ベルリンフィルでいえば、アバドの全集の第九と基本的な骨格は非常に似ていると思う。ムーティの第九もそうだが、その遥か源流には、かのトスカニーニの演奏がある。終楽章の一番最後のFreude Schöner Götterfunkenのところの、やや不自然なくらい正確なリズムなどがその典型。

 

モーツァルトのハフナーあたりだと、途中でふっとテンポを緩めたりといった遊びもあったが、べートーヴェンのこの曲ともなると直球勝負でそういうこともない。

 

何か特別新しいもの、強烈な個性があるわけではないが、ベルリンフィルの新たな時代の幕開けらしい、この2020年代に向かう現時点での高水準の第九ということだと思うものの、特に終楽章など、テンポが速いために十分歌い切れていない箇所もあったと思う。つい、カラヤンバーンスタインの、もう少しゆとりのあるテンポの第九を懐かしく思ってしまう。

 

歌手陣のなかでも、バスのKwangchul Younは特に良かったと思う。あの大植のバイロイト・トリスタンでも、素晴らしいマルケ王を歌っていたと思うが、顔は初めてみた。なかなか整った良い顔だなと思った。